DMM.com証券CFDのスプレッド

DMM.com証券CFDのスプレッド

近年は無料の証券会社が増えた取引手数料は、もちろんDMM.com証券のCFDでも0円となっています。それでは同じくコストとなりうるスプレッドに関しては、どの程度の幅があるのでしょうか。

 

DMM.com証券のCFDでは、これまで指数取引の4銘柄のみ取り扱ってきました。しかしながら2010年8月28日以降は、指数取引の4銘柄に加えて、商品銘柄が4種類追加されたのです。

 

これに合わせてスプレッド縮小キャンペーンも開催されましたので、今回はキャンペーン時の数値も紹介します。まず指数取引の4銘柄は、日本225種株価指数、ダウ工業株30種平均、ナスダック100指数、米国SPX500指数となっています。

 

平常時の日本225種株価指数は7.0JPYから9.0JPY、対してキャンペーン時は1.0JPYから2.0JPYで取り引きされています。指数取引の中でも、最もキャンペーン時と平常時との差が大きい銘柄で、他社に比べても圧倒的なスプレッドと言えるでしょう。

 

またダウ工業株30種平均の平常時は2.0USDから4.0USD、ナスダック100指数は2.0USDから3.0USD、米国SPX500指数は0.4USDから0.5USDとなります。キャンペーン時はそれぞれ順番に1.0USDから2.0USD、0.3USDから0.5USD、0.1USDから0.2USDと、こちらも大きく縮小されているようです。

 

一方で商品銘柄は、金、銀、原油、天然ガスの4種類が用意され、キャンペーンの開始以降未だ平常時のスプレッドは公開されていません。キャンペーン時のスプレッドは金が0.5USDから1.0USD、銀が0.03USDから0.05USD、原油が0.01USDから0.03USD、天然ガスが0.02USDから0.04USDで取り引きされています。

 

これらの数値はDMM.com証券CFD公式ホームページ上の、リアルタイムレートから逐一確認することが可能です。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告