DMM.com証券 米国SPX500指数のスプレッド

DMM.com証券 米国SPX500指数のスプレッド

DMM.com証券のCFDとは、差金決済取引のことで実際の株等の原資産をもたずに市場と同じように取引ができて、その取引で生じる売買価格差が損益になる仕組みです。Contract For Differenceの頭文字を取ってCFDと呼ばれています。

 

DMM.com証券のCFDの米国SPX500指数とはCFDの取り扱い銘柄のひとつで、アメリカン証券取引所、ニューヨーク証券取引所やNASDAQ(ナスダック)に上場している代表的な500銘柄の株価をもとに、アメリカの投資情報会社スタンダード・アンド・プアーズ社が算出している、時価総額加重平均型株価指数に連動している銘柄です。DMM.com証券のCFDの米国SPX500指数のスプレッドは業界最狭水準のUSD0.4?USD0.5と非常にお得な水準となっています。

 

このように米国SPX500指数のスプレッドが非常に狭いので有利な取引が可能になるチャンスが広がります。スプレッドが狭ければ狭いほどその分を取引に当て込むことができます。

 

利益を出すためには安く買ってそして高く売る、または高く売って安く買うことにあります。このDMM.com証券のCFDの米国SPX500指数が人気なのは、最も狭いスプレッドのほかに、レバレッジが選べて最大100倍レバレッジや安心の完全信託保全等からのようです。

 

このように資金をいくらでも少なくして大きな利益を出す取引ができるわけです。その反対に相場が逆に値動きした場合には、大きな損失を受けることにもなるハイリスク・ハイリターンの取引であるということを忘れてはいけません。

 

どのような取引でもそうですが、常にリスクが発生するというリスク管理を十分にしておくことにより、発生するかもしれない損失を最小限に抑えることができます。資金を増やすことを目的にしているわけですので、損失をどう減らすかということもその目的の達成のためには常に注意し、考えておかなくてはいけないことです。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告