DMM.com証券 銀/米ドルのスプレッド

DMM.com証券 銀/米ドルのスプレッド

DMM.com証券CFDの商品銘柄の一つ「銀/米ドル」銘柄は、金先物と並んで活発な先物取引になります。それではDMM.com証券CFDの銀/米ドル銘柄のスプレッドに関して、詳しく注目してみましょう。

 

まず銀先物という商品は、金先物に比べると取引単位が小さいという特徴を持っています。つまり一つ一つの価値は低いものの、まとめて取り引きすることに適しており、逆に小分けにして頻繁な取り引きを行うことにも対応しているのです。

 

そこで気になってくるのが取引時のコスト、つまり取引手数料とスプレッドになります。DMM.com証券のCFDでは、取引手数料や口座管理手数料は一切かからないため、注意しなければならない点はスプレッドだけということになるのです。

 

平常時の銀/米ドル銘柄のスプレッドは0.05USDから0.1USD、これは原則固定のため市場の急変時やクローズ時は拡大する恐れがあります。他銘柄7種類の中でも最も狭い数値で、他社の銘柄を見ても十分な設定と言えるでしょう。

 

しかしながら低コストを売りにしているDMM.com証券CFD、これだけでは終わらないのです。銀/米ドルを含む商品銘柄4種類が追加されたのは2010年8月28日、これを記念して2010年8月30日からはスプレッドの縮小キャンペーンが開催されています。

 

2010年11月30日までの期間限定ではありますが、この期間中銀/米ドル銘柄は平常時よりも狭い、0.03USDから0.05USDで取り引きすることが可能です。最小から最大の幅が何と0.02USD、多少の上下があってもほとんど取り引きを左右することはありません。

 

もちろん他銘柄7種類に関しても、平常時の半分以下の数値に縮小されています。3か月の期間限定ではありますが、CFDを始めるためにもこの機会を逃す手はないでしょう。

 

また同時にポイントの3倍キャンペーンも開催されていますので、詳しい情報を知りたければ公式ホームページをご覧ください。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告