DMM.com証券 日本225種株価指数のスプレッド

DMM.com証券 日本225種株価指数のスプレッド

そもそも「CFD」とは何を意味しているのか、ご存知でしょうか。「Contract For Difference」の略語であり、日本語で訳すと「差金決済取引」ということになります。

 

もっと簡単に言えば、株の銘柄を売買することによってその差額で損益が発生する、個人投資家向けの金融商品、ということになります。取引所での売買が、ある銘柄を売りたい人は、その銘柄を買いたい人がいてはじめて取引成立となるのに対して、CFD取引では業者が定めたルール内であれば自由に売買できるのが特徴です。

 

また、取引所での売買は、取引所の営業時間中にしか取引ができないのに対し、CFD取引でなら24時間いつでも取引可能なのも大きなメリットでしょう。昨今ではFX(外国為替証拠金取引)のオンライン取引が、個人投資家にはとても人気がありますが、こちらもメリットやリターン、リスクにおいてなかなか優れた金融商品といえます。

 

日本国内だけでも業者はたくさん存在しますが、大手の中でも企業努力が著しいのが「DMM.com証券 CFD」でしょう。DMM.com証券では日本225種株価指数を始めとした、8銘柄が用意されています。

 

その8銘柄は、前述の日本225種株価指数、ダウ工業株30種平均、ナスダック100指数、米国SPX500指数、金/米ドル、銀/米ドル、原油/米ドル、ガス/米ドルです。この8銘柄は、初心者からベテランまで幅広く利用可能な銘柄であり、CFD初心者でも迷わず取引可能です。

 

また、DMM.com証券ではスプレッドが業界内でも最も幅の狭いのが特長です。スプレッドの狭さはひとえに企業努力の賜物で、ユーザーにとっては損得に直結する要素ですから非常に有り難いものでしょう。

 

特に、日本225種株価指数のスプレッドは7円から9円と、素晴らしいパフォーマンスです。DMM.com証券を選ぶユーザーが多いのも、こういった理由からかもしれませんね。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告