DMM.com証券 ダウ工業株30種平均のスプレッド

DMM.com証券 ダウ工業株30種平均のスプレッド

個人投資家が株価指数や株の差額決済取引を行うことができる金融商品、それがいわゆる「CFD」と呼ばれている商品です。取引所での売買取引は、例えば買いたい人がいても、売りたい人がいなければ取引が成立しませんが、民間企業が運営、提供しているCFDであれば、その業者の規定内であれば自由に売買取引できるのが、最大の特長ではないでしょうか。

 

また、最近では取引のオンライン化のおかげで、24時間好きなときに取引ができるのも大きなメリットでしょう。逆に取引所での売買は、その取引所の営業時間内でなければ取引を行うことができません。

 

このようなメリットのおかげで、ここ数年で日本国内だけでも個人投資家の数がかなり増加しているのです。個人投資家が増加するということは、もちろんオンラインサービスを提供している業者の数も当然増加しています。

 

数あるオンライン証券業者の中でも、DMM.com証券はかなり大手の業者であり、実際に取引を行っている方であれば知らない方はいないでしょう。DMM.com証券では初心からベテランまでが幅広く利用できる8銘柄が用意されており、日本225種株価指数、ダウ工業株30種平均、ナスダック100指数、金/米ドル、ガス/米ドルなど、主要銘柄はすべて揃っています。

 

最近ではそれほど珍しくはなくなってきましたが、取引手数料も無料です。レバレッジも最大で100倍、信託保全も万全ですから、他業者に比べて劣るところはまずないでしょう。

 

なにより、業界でも最狭といわれているスプレッドが、DMM.com証券CFDの最大のメリットでしょう。実際どの程度のスプレッド幅かといえば、ダウ工業株30種平均で2から4米ドル程度です。

 

これはあくまで目安ですから、相場が急変した場合などはダウ工業株30種平均のスプレッド幅が前述の幅よりも広くなってしまうこともありますが、それは他業者でも同じことです。なんにせよ、CFDをはじめるならDMM.com証券はおすすめできる業者でしょう。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告