DMM.com証券CFDの銀/米ドル

DMM.com証券CFDの銀/米ドル

金と同様に現在注目されている商品銘柄の一つ「銀/米ドル」、DMM.com証券のCFDでも指数取引に続いて登場しました。今回はDMM.com証券CFDの銀/米ドル銘柄について、サービス概要に注目してみましょう。

 

まず純粋に宝飾品として、または工業製品の材料として需要の高い金とは異なり、銀にはバクテリアに対する殺菌力の効果が認められています。そのため医療用の殺菌装置や殺菌剤など、一般的な貴金属とは違った需要が見られるのです。

 

もちろん宝石として求める企業や、工業製品の材料として購入する企業もいるため、特に値動きが激しい貴金属と言えるでしょう。日本国内では金ほどの知名度や投資家は居ないものの、将来的にも有望な価値ある先物取引であることは間違いありません。

 

さてDMM.com証券CFDの銀/米ドル銘柄は、ニューヨーク商品取引所、「COMEX」で取り引きが行われています。金と同じく1トロイ・オンスあたりの金額で扱われ、取引所での最小取引単位は5000トロイ・オンスとなっています。

 

ただしDMM.com証券では1ロットが100トロイ・オンス、1回の注文での取引上限は20ロットと決められています。金とは取引単位が1桁異なりますので、間違いのないよう注意して取り引きに臨みましょう。

 

続いて取引時間は米国取引所基準、そのためサマータイムによる開始時刻と終了時刻にずれがあります。合わせてメンテナンスの時間も変更されますが、土曜日の12時から行われるシステムメンテナンスには変化はありません。

 

またレバレッジは最大100倍、自分のスタイルに合わせて10倍、25倍、50倍、100倍から選ぶことも可能です。証拠金率も変動しますので、公式ホームページ上の証拠金シミュレーションで正確な金額を計算しましょう。

 

マーケット情報を参照してみると、やはり毎年徐々に価値は上がっているようです。これから始めるべきか判断するためにも、バーチャル取引を試してみると良いでしょう。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告