DMM.com証券CFDのナスダック100指数

DMM.com証券CFDのナスダック100指数

DMM.com証券CFDの取扱銘柄の一つであるナスダック100指数と、同じく扱っているダウ工業株30種平均と合わせてアメリカを代表する株価指数と言えるでしょう。それではDMM.com証券CFDのナスダック100指数について、サービス内容を詳しく見ていきます。

 

まずナスダック100指数とは、ナスダックに上場している銘柄の内、時価総額の上位100銘柄を選別した指数となっています。銘柄の中にはインテルやマイクロソフト社など、日本でも有名なIT関連のベンチャー企業が名を連ねているのです。

 

特徴はやはり時価総額によって選ばれる限定された100銘柄でしょうか。これらの銘柄は毎年12月に改めて選別され、最新の順位に合わせて入れ替えが行われています。

 

このように銘柄の入れ替えによって活発なナスダック100指数、DMM.com証券のCFDでも根強い人気を誇っています。基本的な取引時間はそのほか海外株価指数銘柄と同様となっており、日経225とは異なり冬時間や夏時間で開始時刻にも差があります。

 

またスプレッドは2.0USDから3.0USDまで、原則変更されることはありませんので、年間通してこの狭さのスプレッドで取り引きが可能です。ただし相場急変時や市場がクローズした後は、例外と見なされてスプレッドが拡大することもあるため注意が必要です。

 

他にも用意されている取引ツール3種類全てに対応しており、モバイル版を使用することも可能です。自宅ではワンランク上のパソコン版取引ツールを、外出先や仕事先では汎用性に優れたモバイル版を、一日中開いているナスダック100指数だからこそ有効と言えるでしょう。

 

もちろんスワップポイントやロスカット、最高100倍のレバレッジなど、前述以外のサービス内容も非常に充実しています。DMM.com証券CFDの公式ホームページでは、銘柄ごとのサービス概要やいち早く取り引きを体験できるバーチャル取引も用意されていますので、他の銘柄も合わせて挑戦してみてはいかがでしょうか。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告