DMM.com証券CFDのレバレッジ

DMM.com証券CFDのレバレッジ

CFD取り扱い業者を選ぶ上で決め手として、レバレッジの選択肢のバリエーションが豊富であるかどうかが重要な要素の一つであることはいうまでもありません。CFD投資をするにあたり、証拠金に見合ったリスクの少ない取引をするか、少ない証拠金でハイリターンな取引をするか、そのスタイルはCFD取引をする人それぞれだからです。

 

一方で、CFDのレバレッジはFXのレバレッジと異なり、取引する人が自由に決められず、固定で取引する業者が多いので、そのバリエーションが豊富であればあるほど、決め細やかな取引スタイルに合わせることができます。DMM.com証券のCFDは、レバレッジが10倍、25倍、50倍、100倍の4つから選択することができるので、リスク/リターンの度合いを決め細やかに設定することができます。

 

最大100倍まで選択できるのは、高いレバレッジによるハイリターンを目指す方にとってとても魅力的です(GUS/USDは最大50倍までです)。たとえば、100万円の資金でCFD取引をするケースにおいて、レバレッジ100倍で設定すれば、1億円の取引をすることができます。

 

単純計算で指数1%の上昇で100万円の差益が得られることになるのです。一方、逆に指数1%の下落で100万円の差損となり、自己資金がゼロになってしまう恐ろしさもはらんでいます。

 

自己資金の管理はそのリスクも併せやっていかねば危険です。DMM.com証券のCFD取引は、そのリスクを管理するために、自己資金である証拠金の維持率が100%を下回った場合、その時点で持っている建玉を全て決済するロスカットルールを設けているため、最悪の事態は避けられるようになっています。

 

そもそも、CFF取引は他の金融商品と比べて高いレバレッジで取引できる商品であるため、高いリターンが得られる半面、高いリスクも伴う金融商品です。DMM.com証券のCFD取引は、リスクを極力軽減し、安全な取引をするための工夫がなされているのです。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告