DMM.com証券CFDの特長

DMM.com証券CFDの特長

近年では外国為替証拠金取引にて、サブプライムローンを発端とする世界同時金融危機などでレバレッジを効かす事で実資金以上の取引が可能な証拠金取引にて、レバレッジ規制が実施されています。これにより、過剰なレバレッジをかけることで損失が膨らむ危険性が防衛できる反面、レバレッジをこれまで有効に活用してきた主に個人投資家などは資金の流動性が失われることとなっています。

 

このため、これまで機関投資家向けであった差金決済取引が各証券会社では脚光を浴び始めています。差金決済取引は通称CFDと呼ばれていますが、CFDはそもそも外国為替証拠金取引などの固定要素の金融取引ではなく、株券や債権、株価指数、商品先物など全ての取引が可能となります。

 

また、CFDは外国為替証拠金取引を発端とするレバレッジ規制対象外となるため、従来のようなレバレッジを効かせた取引が可能なことが脚光を浴びている理由になります。CFDを取り入れたネット証券会社も次々に誕生しており、中でもDMM.com証券が注目を浴びています。

 

DMM.com証券では従来の外国為替証拠金取引も可能ですが、CFDを取り入れることにより取引銘柄を7000種以上にしていることも特長です。他にも特長のひとつとして、例えば株式取引を行う場合には通常国内の証券取引所の開場時間内に行うことが前提となりますが、DMM.com証券では海外の証券取引所も参照する時間としているため、日本の証券取引所が閉場している深夜の時間であっても取引が可能になります。

 

もちろん高レバレッジがかけられることもいうまでもなく特長になります。ただ、高レバレッジにすることは、レバレッジ規制が導入された経緯の通り変動リスクに対し十分に注意する必要があります。

 

投資と投機の違いについて自身がしっかりと把握した上でレバレッジとリスクコントロールをすることで、資産の流動性を確保でき有効な資産運用が可能となるでしょう。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告