DMM.com証券CFDの証拠金シュミレーション

DMM.com証券CFDの証拠金シュミレーション

DMM.com証券のCFDに限らず、証券会社で取り引きを行うために欠かせない証拠金は、レバレッジや銘柄によってその額は変動します。そのため計算するのが非常に面倒に感じてしまう人も多いはず、そこでDMM.com証券CFDの証拠金シミュレーションを試してみてはいかがでしょうか。

 

まずFX取引やCFDにおける証拠金とは、取り引きを行うための担保の役割を担っています。つまり決められた金額の証拠金を証券会社に預けることで、始めてそれに見合った取り引きが始められるのです。

 

基本的には預けた証拠金以上の金額で取り引きが行え、証拠金率を示すレバレッジが高くなるほど大きな取り引きが可能になります。ただし損失時のリスクも大きいため、預けられる証拠金と相談しつつ、初心者は低いレバレッジから始めるのがおすすめです。

 

それではDMM.com証券CFDの証拠金シミュレーションとはいったい何なのか、このサービスでは自分が行ないたい取り引きを入力するだけで、簡単に証拠金が割り出せるのです。一通り証拠金シミュレーションの計算手順を追ってみましょう。

 

まずは扱う商品銘柄を決めなければなりません。指数取引の銘柄にするのか、先物取引の銘柄にするのか、すでに項目が用意されていますので、クリックで決定しましょう。

 

続いて現在のレートを確認しなければなりませんが、これに関しては常に変動しているため、一々調べるのは面倒です。そこで『現在のレートを設定』というボタンを押すことで、選んだ銘柄に対応したレートがすぐに表示されます。

 

後はレバレッジを選び、数量を入力し、売買ポジションを決め、純資産額を入力するだけです。間違いがないか確認してから、下段にある緑色の『計算する』ボタンをクリックしましょう。

 

これで必要証拠金やロスカットライン、維持率の計算結果が表示されるはずです。ここまで文章で解説しましたが、やはり公式ホームページ上で一度体験してみるのが分かりやすいかと思われます。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告