DMM.com証券CFDのカバー先

DMM.com証券CFDのカバー先

FX取引やCFD取引を行っていると、どの取扱会社も「カバー先」と呼ばれる銀行や証券会社の登録が見られます。もちろんDMM.com証券CFDのサービス概要にも記載されていますが、これはどのような意味を持っているのでしょうか。

 

まずDMM.com証券に限らず外国為替を扱う会社は、自社で預かった資金を運用し、利益や損失を生み出しているわけではありません。実際には取扱会社が仲介のような役割を果すことで、投資家とカバー先であるインターバンク市場が取り引きを行っているのです。

 

例えばDMM.com証券CFDの場合、カバー先となる企業は「CMC Markets Japan株式会社」と、「エフエックス・オンライン・ジャパン株式会社」が登録されています。つまり投資家から預かった注文や資金を、これらの企業に改めて注文を出しているのです。

 

ワンクッション置くことに意味がないようにも思えますが、この取引方法「カバー取引」によって取扱会社は為替リスクを回避することが出来るのです。また個人投資家からすれば、自分ひとりではなかなかインターバンク市場に注文が出来なくとも、取扱会社に依頼する形で間接的に取り引きが行なえます。

 

取扱会社としても個人投資家としても、比較的メリットの多い取引方法と言えるでしょう。それでは取扱会社によって契約しているカバー先は異なりますが、どのような基準で契約しているのでしょうか。

 

これには取扱会社側のレベルが大いに関係しているのです。カバー取引を行うための契約には厳しい審査が待ち受けており、会社自体の資金力や信頼度など、さまざまな分野で審査されることになります。

 

結果として契約締結を拒否する銀行や証券会社も存在するため、より大きく資金力も潤沢なカバー先と契約できれば、それだけで取扱会社自体の信用に繋がるのです。DMM.com証券が契約している企業も十分規模は大きいですので、安心して取り引きを始めてみてはいかがでしょうか。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告