DMM.com証券のCFDサービス

DMM.com証券のCFDサービス

最近ではネット証券会社のひとつであるDMM.com証券が注目を浴びています。DMM.com証券では、さまざまな金融商品取引を行っていますが、DMM.com証券が注目を浴びている理由のひとつに差金決済取引があります。

 

差金決済取引は通称CFDと呼ばれていますが、CFDとはどのような取引でしょうか。そもそもCFDでは外国為替証拠金取引を代表とする証拠金取引全てが扱えます。

 

例えば通常の株式取引であれば、企業の発行する株券の現物売買取引となるため、株券取得に必要な金額の全額が必要になります。これに対し、CFDでは差金決済取引となるため、売買に必要な定められた一定の証拠金を用意するだけで実際に用意した資金の何倍もの取引をすることが可能になります。

 

また、株式取引や外国為替証拠金取引などでは、株券や外貨など投資対象が限られていますが、差金決済取引は本来、機関投資家向けに設立された金融取引商品のため、その投資対象は、株式取引や外国為替証拠金取引だけでにとどまらず債権、株価指数、商品先物など全ての取引が可能です。これは言い換えると、差金決済取引とは全ての金融取引の方法を指す言葉とも言えます。

 

ただ、差金決済取引として取引口座を開設し売買を行うことは、資金効率だけを考えた場合には株式の現物取引のように取引に必要な資金の全額を用意する必要はなく、証拠金となる最低限の資金を用意するだけで取引可能な為、小額からでもさまざまな金融商品が取引できることになり有効かもしれません。しかし、一方で最低限の証拠金を元にレバレッジを効かすことで実資金以上の取引を行うことになるため、相場が急変した場合などの損失は想像以上になるケースもなくはありません。

 

このため、外国為替証拠金取引と同様に差金決済取引で扱える全ての金融商品での取引において、レバレッジと為替変動リスクについて十分に考慮した上で取引を行うことが大切になります。リスクコントロールを上手に行うことで、はじめて自己資金の流動性が確保でき安心して資産運用が可能になります。

DMM.com CFD

DMM.com FX

情報は原稿作成時点の物となります。最終確認については、必ず公式サイト内で行って下さい。

アドセンス広告